無垢チェア(無垢椅子)通販専門店MUKU工房 お気軽にお問い合わせ下さい0800-800-8334
人気の無垢チェアを通販専門店で。無垢チェア通販専門店MUKU工房

  1. HOME
  2. >> ご購入前の基礎知識

無垢材の特徴:無垢とは純粋で混じりけのないこと。

無垢材の特徴:無垢とは純粋で混じりけのないこと。

無垢材は、地球の恵まれた大地で100年を超える長い期間、厳しい自然と共存しながら育まれた極わずかな木材です。

この貴重な大地の恵みを熟練職人の確かな腕で余すところなく精巧に描かれた形に仕上げ、世に送り出しています。無垢家具の持つ色と艶、手に触れた感触。

決して大量生産の家具では味わえない究極の逸品は、至高のインテリアに自然ととけ込み、拡張高い空間を演出します。

無垢材の特徴接ぎ合わせ

接ぎ合わせ

板状にカットした天然木を数枚並べて、接着剤と高い圧力を用いて接合させた工法のことです。

突き板と比べて木の温もりを自然に感じることができ、好みに合う部位を選択できるので統一された木目が実現可能です。一枚板よりも価格が抑えられます。

一枚板と比べて反りにくいですが、多少の反りがあるため天板裏に金具を取り付け、反りを抑えます。

無垢材の特徴節

丸太から板状に切り出したときに枝の断面が節となって現れます。木材はもともと樹木として何十年、何百年と生きていたものです。木には節があるのが一般的です。

従来、日本では節のない木材が好まれる傾向にあり、数や大きさが少ないものの方が高額で取引されていました。最近では「安物」という固定観念が徐々になくなり、節の持つ自然さを積極的に活かそうという動きが活発化しています。

無垢材の特徴千切り

千切り

千切り(ちぎり)とは木材の割れの進行を防ぐ為や板材の接ぎ切れを防ぐ場合に行う加工です。一般的には蝶の形に加工した木片を木の割れ目や接ぎ目に埋め込んで使用します。千切りに使う木材は十分に乾燥させて使います。木材は湿気を吸収すると膨張する特性を持っているので、使用しているうちに膨張し、より強固に接合されます。

最近ではデザイン性を高める為に用いることも多く、あえて目立つ色の木材を使用することがあります。

樹種について:一生愛せるものを選ぶために。

樹種について:一生愛せるものを選ぶために。

木材としての使い道が比較的よく知られている樹種は100種類以上あり、その中から当店では厳選した7種類を取り扱っています。選び方は色味だけのように思えますが、大きく2つの要素があります。

「色合いや木目、手触りといった雰囲気から選ぶこと」と「樹種の耐久性などの性能から選ぶこと」です。空間のベースとなる壁や床の色、部屋の雰囲気を作っている建具やキッチンなど既存の色を踏まえ、その空間と同じ色味で統一するか、違う色合いで対比させるかでお部屋の雰囲気が変わってきます。

どんな空間にしたいのか、どういった場面でその家具を使うのかを考慮しつつ、樹種を選んでいただければと思います。

タモ/アッシュ

タモ/アッシュ

■おもな産地:日本、中国、ロシア
■色調:淡い灰褐色
■材質:硬い
■経年変化:最初はナラより若干白っぽく、次第に明度が減って黄色が強く出てきます。
凛とした立ち姿で空間を引き締めるタモ。ダイニングに根を生やしたかのような堂々とした佇まいが、確固たる存在感を示しています。どこか神秘的な力さえ感じさせる独特の木肌は、自然に触れる喜びや安心感をも与えてくれます。

ナラ/オーク/ミズナラ

ナラ/オーク/ミズナラ

■おもな産地:日本、中国、ロシア
■色調:黄褐色~灰褐色
■材質:硬い
■経年変化:肌色から徐々に茶色と黄色が少しずつ現れ、やわらかい黄金色に変色していきます。
ドングリのなる木として親しまれている、ナラ。日本、中国、ロシアがおもな原産地で、成熟した森の仕上げに生える「真打ち」的な存在の木であり、進化した構造組織を持ちます。

メープル

メープル

■おもな産地:アメリカ、カナダ
■色調:明るい乳白色
■材質:硬い
■経年変化:明るい乳白色から黄色系に変色。さらにツヤ光がプラスされた飴色に変化します。
透き通るような白さと艶やかな光沢が、どのような空間にも自然に溶け込む、ハードメープル。美しくきめ細かなその木肌は、滑らかで心地よい手触りを楽しませてくれます。

ウォールナット

ウォールナット

■おもな産地:アメリカ、カナダ
■色調:濃い茶色
■材質:やや硬い
■経年変化:濃い茶色から明るくまろやかな茶色へと変化し、使い込むほどに味わいが出てきます。
独特の風合いや墨流しと呼ばれる木肌の美しさなどから、世界屈指の銘木に数えられるブラックウォールナット。落ち着いた色合いと美しい木目が、重厚さと独特の気品を醸し出し、クラシカルやモダンな雰囲気のインテリアに調和します。

チェリー

チェリー

■おもな産地:アメリカ
■色調:赤褐色
■材質:やや硬い
■経年変化:淡い薄桃色が徐々に赤みが増し、最終的には飴色の濃い赤褐色になります。
主張しすぎることなく、どんな空間にも美しく調和するチェリー。光を程よく抑える木肌は、人とモノとの間に見えない架け橋を渡し、やすらぎに満ちた時間をもたらします。

カバ/バーチ

カバ/バーチ

■おもな産地:アメリカ、カナダ
■色調:白色~淡褐色
■材質:やや硬い
■経年変化:乳白色もしくは淡褐色から次第に明度が減って黄色が強く出てきます。
語らいの場の中心にそっと佇む、ホワイトアッシュの家具。日常に森を招き入れたかのように、心地よい清涼感を与えてくれます。くっきりと浮かび上がる木目は、ある時は主役に、ある時は周囲を引き立てる脇役にと、名優ぶりを発揮します。

ホワイトアッシュ

ホワイトアッシュ

■おもな産地:日本、中国、アメリカ
■色調:淡紅褐色
■材質:硬い
■経年変化:使い込むうちに黄色系に変色。さらにツヤがある飴色に変化します。
白っぽい木肌のカバ材は、清潔感があり部屋全体を明るくしてるため、リビングや子ども部屋の家具に多く使われています。カバノキ科の広葉樹で主に北米、中国そして日本の北海道に多く生育している樹種です。

塗装について:家具に欠かすことの出来ない仕上げ。

無垢材の特徴:無垢とは純粋で混じりけのないこと。

より長くお使いいただくため、家具に塗装は欠かせません。塗装によって仕上がりも、お手入れの仕方も変わってきます。どの塗装も目的や用途があって、メリットとデメリットがあります。塗装の目的は、家具の保護を目的としたものです。

塗装によって塗料の塗装膜をつくり、キズや汚れ、虫食いなどから家具を保護することができます。もしくは、外観や見栄えを良くするためです。塗装をすることにより、ツヤを与えたり、色あせを防いだりすることができます。

当店では機能や用途に応じて、各メーカーが最適と考える塗装を使用しています。塗装方法の違いをご理解いただき、安心してご使用いただけたら幸いです。

ウレタン

ウレタン

表面にウレタン樹脂塗膜を形成する塗装で、基本的に木の表面を樹脂で覆います。 表面を樹脂で覆うので、オイル塗装に比べて傷に強く、水によるシミなども起きにくいです。小さなお子様のいるご家庭や店舗など汚れやすい環境の場合、このウレタン塗装を選ばれるお客様が多いです。クリア仕上げは、ほんのり木が濡れたくらいの色味で仕上がり、とても透明感のある仕上がりにできます。

オイル

オイル

木の内部に染み込んで仕上げる塗装で、仕上がりはツヤ無し~半ツヤ程度の光沢となります。木目の凹凸がそのままはっきりと出るので、木の素材感が味わえ、仕上げ後も木の通気を妨げない塗装です。しかし、木の表面に塗膜を作らないため、耐傷性・耐水性がウレタン塗装に比べて強くありません。水分を長時間放置しておくとそのままシミになりますが、それが良い風合いとなっていきます。

セラウッド

セラウッド

セラウッド塗装とはウレタン樹脂にセラミックを加えた塗装です。超微粒子のファインセラミクスを複合することで強靭な塗膜が実現しました。優れたUV加工により塗膜だけでなく、基材自体を紫外線による劣化から守ります。耐熱性に優れ、沸騰したやかんを直接置いても熱の影響をほとんど受けず、弱アルカリ洗剤や油性マーカー等でも内部に浸透することなく、除去できます。

ラッカー

ラッカー

漆の仲間で、家具以外ではギターなど見た目が重要な製品に多く使われる塗装です。表面の塗膜が薄く、繊細な木質感や発色の陰影による立体感などが際立ち美しい仕上がりになります。薄い塗膜のため将来的な塗り替えの際の補修が容易です。反面、耐久性と耐熱性はウレタンに比べ強くありません。温かい飲み物のカップや湯呑みで白く変色(輪染みなど)が起きやすいので、ソーサーや茶托のご利用をお勧めいたします。

ワックス

ワックス

オイルの特性である撥水性とワックスの特性である静電気防止効果の両方を併せ持ちます。仕上がりは濡色でベルベットのような滑らかな手触りです。ワックスの成分による塗膜を形成し、木部本体の保護機能にも優れます。高い安全基準をクリアした厳選された塗料のみを使用し、幼児用製品、テーブルや食品に触れるものにも安心してお使いいただけます。メンテナンスには同じオイルワックスを重ねがけすることで汚れを取り除きツヤを戻すことができます。

ページのトップへ